肌のかゆみを止めて、美白もち肌になろう!

menu

肌のかゆみは乾燥が原因|うるおい保湿でかゆみ改善

脂性肌なのに顔が乾燥してつっぱる!乾燥ニキビがかゆい!

インナードライ肌って知ってますか?

「乾燥肌なのに、Tゾーンがベタついてテカる」この症状で悩んでいる人は多いと思います。実はインナードライ肌と敏感肌は別物なんです。インナードライ肌とは、肌の表面が皮脂でテカっているのに、肌の内側の水分が足らずに乾いている状態です。乾燥性脂性肌とも呼ばれています。

インナードライ肌対策は?

具体的なインナードライ肌の対策といえば、ダブル洗顔を控えることです。女性はクレンジング後に洗顔料で洗顔する人が多いですが、ダブル洗顔不要+お肌に優しい低刺激のクレンジングを使うべきです。現代人は顔の洗いすぎとも言われているぐらいなので、ちょっと過剰に洗顔しすぎかな?と思う人は気をつけましょう。

そして一番大切なのは、徹底した乾燥対策です。角質に水分を満たすイメージを持って乾燥対策に取り組みましょう。日本は季節柄年中乾燥しているので、お部屋では加湿器をつけたり、仕事場などでは休み時間に定期的に保湿するなど心がけて下さい。化粧水だけでなく、保湿クリームを使うことで水分の蒸発を防ぎ、異常な皮脂の分泌を防ぐことができます。

洗顔料だけではなくて、刺激の強いシャンプーを使っている方も要注意。お風呂でのすすぎ湯が身体や顔にかかって過剰な洗顔になっている場合もあるので、シャンプーもできるだけ100%オーガニックシャンプー・アミノ酸シャンプー・ノンシリコンのものを使うようにしましょう。

また、意識的に洗顔からスキンケアまでの時間を縮めるのも大切です。エイジングケアで、インナードライ肌の対策をしましょう!

インナードライ肌に注意!

脂性肌の方もお肌の水分と油分のバランスが崩れています。外側は油分多過で内側の水分が不足している状態です。正しいスキンケアで解消しましょう。基本は優しく洗顔し、顔をゴシゴシこすらないこと。洗顔後は水分バランスを保ってくれる基礎化粧品を使いましょう。あえて脂性肌用を選ぶ必要はありませんが、特にニキビが出来てかゆい時には、油分の多いリキッドファンデーションやオイル系のローションを避けるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ