肌のかゆみを止めて、美白もち肌になろう!

menu

肌のかゆみは乾燥が原因|うるおい保湿でかゆみ改善

肌のかゆみの仕組みを知ろう

かゆみのしくみ

肌かゆみはいったい、何が原因で起こるのでしょうか?身体にどんな異変が起きて、かゆみにつながるのでしょうか。そのメカニズムを知って、肌のかゆみに対する知識をつけましょう。

かゆみのメカニズム

かゆみが起こる原因の全貌は明らかになっていません。しかし、肥満細胞から分泌されるヒスタミンがかゆみを引き起こしている事が分かっています。病院にいって、かゆみに関する薬を処方してもらうときに、抗ヒスタミン剤とかの名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。ヒスタミンはかゆみの他にも、痛みなどの知覚神経にも作用します。刺激は神経に伝わり、脳に伝わって、神経ペプチドと呼ばれる神経伝達物質を分泌し、ヒスタミンを分泌させて肌かゆみが起こるのです。

さらに、肌がかゆいからといって掻きつづけると、体内に神経ペプチドが増えて、かゆみ物質のヒスタミンの分泌を促してしまいます。そのため、かゆいからといって肌を掻くと更に痒くなるのです。

皮膚の乾燥もかゆみを生む

一般的にはドライスキンもかゆみの原因と言われています。正常な皮膚というのは、角質や皮脂などの水分と油が肌を守るバリアとして機能して外部の刺激から守ってくれるのですが、水分や皮脂が過剰に失われた肌はバリア機能がなくなってしまった状態なので、かゆみ、痛みなどを感じやすくなってしまいます。肌が沢山ひび割れした状態では、かゆみ神経が表皮側に伸びてきて暖房や衣服の擦れなどの刺激に敏感になってしまいます。

血行不良/加齢/アレルギーなど原因は様々

他にも運動すると血行がよくなり肌のかゆみを感じたり、加齢に伴い神経が表皮側に伸びたり、体内の水分バランスが崩れて、乾皮症などに悩まされる方が多く、年齢を重ねると皮膚の機能も低下するため、治りにくくなるのです。

若い方で、肌のかゆみが一向に良くならないという方は、実は○○アレルギーが原因ということもあります。代表的なものだと花粉症などのアレルギーによってヒスタミンが分泌されて肌や目がかゆくなるというのは実際によくあります。肌のかゆみが頻繁に起こるようでしたら、病院でアレルギーの診察などをすることが大切です。糖尿病の前兆の可能性もあるので、肌のかゆみだからといってないがしろにしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ